お金目的の出会い謝礼交際のリスクをわかっていない女性たち

援交と聞くと「女子校生」という答えが返ってくるほど、この2つはイメージが重なります。
ところが、最近では年齢層がもっと下がるか、人妻と呼ばれるアラサー・アラフォー女性さえも謝礼交際をしているケースもあるのです。また、最近では援交から謝礼交際と呼ばれるようになり、よりオブラートに包む言葉のニュアンスに変化させています。

いずれにせよ、10代の女の子に謝礼交際に走らせる理由とは一体何なのでしょうか。
ほとんどのケースにおいて、謝礼交際をする彼女たちの家庭でお金に困っているというわけではありません。

それどころか、彼女たちはある程度のお小遣いを親から支給されていて特に不自由なく生活を送っているのです。
とはいえ、10代ともなればおしゃれに目覚めファッションにも興味の出る頃、洋服やアクセサリー、バッグなど自分好みのものが欲しくなることでしょう。

それらを手に入れるためには、親から貰ったお小遣いだけでは間に合わないかもしれません。
もしどうしても欲しいというのであればアルバイトでお金を稼ぐ方法がありますし、実際そうしている女の子も少なくありません。

けれども10代女性ができるバイトなど限られていますし、手に入れられるお金も大した額ではないでしょう。
そんな時、バイトより楽で簡単に短時間で大金が手に入る「仕事」のことを知ったなら、そちらに興味が起こっても不思議ではありません。

最近の女の子は結構サバけているらしく、セックスに対する考え方がドライなようです。
今や、昔のような「セックスは愛する人とだけ」といった感覚は古いのかもしれません。

自分の身体を提供することで容易に短時間で大金を得られるのであれば、自分の中でちょっとした「割り切り」さえできれば実行してしまうのでしょう。
しかし、彼女たちは謝礼交際をすることで起こりうる恐ろしさを理解しているのでしょうか。
まず、謝礼交際は売春ですから、警察に見つかれば罪に問われます。

また、相手にする男性はどこの誰ともわからないのですから常に危険と隣り合わせです。
暴力を振るわれたり、最悪の場合、命を落とすような事態にならないとはいえません。
さらに、性感染症つまり性病をうつされる危険性も否定できません。

それらに加えて、将来愛する男性が現れたとき、謝礼交際で不特定多数の男性にお金で買われたという事実はあなたの心の中に大きな影を落とすことでしょう。
それでも謝礼交際、やりますか。

お金目当ての謝礼交際は減ることは無い

1990年代に援交(謝礼交際)がマスコミを始めとして、世間を騒がせました。
その後、国や自治体でさまざまな規制や法整備が行なわれ、今では日々謝礼交際がマスコミに登場することはあまりないようです。

けれども実は謝礼交際は減少したのではなく、むしろ増加しているのです。
今や謝礼交際は特別な事件ではなく日常茶飯事的な出来事だから、マスコミが取り上げることもないというのが現状なのです。

謝礼交際の件数の増加を促したのが、インターネットおよび携帯電話といったモバイル機器の普及です。
昔は謝礼交際の相手を見つけるにしても、公衆電話やポケベルの利用や「そういった場所」へ出掛けての直接的な接触が主でした。
ところが、最近ではネットさえ接続できれば誰でも簡単に謝礼交際ができる環境が整っています。

その代表として謝礼交際というと出会い系サイトといわれるほど、謝礼交際の相手を探すためにこのサイトを利用する男女の数は非常に多いのです。
本来なら出会い系サイトの18歳未満の利用は不可とされていますが、それをしっかり厳守しているサイトは少なく、規制は形骸化しています。

謝礼交際をする女性の目的は、ほとんどが「お金」です。
中にはセックスがしたいから趣味と実益を兼ねて、というケースもあるようですが非常に稀です。
ファッションやグルメ、旅行などの資金を調達することが目的で謝礼交際を行なう女性が大半を占めます。

そんな「お気軽な」目的で行なっている謝礼交際ですが、さまざまな問題や危険を伴っていることを彼女たちは理解しているのでしょうか。
まず謝礼交際は売春行為ですから、警察に見つかると罪に問われます。
つまり「前科者」となってしまうのです。

次に、家庭や家族の崩壊という事態になる可能性は非常に高いといえます。
世間的立場や社会的信用も一気に失ってしまうでしょう。
さらに、見ず知らずの男性と関わることで、事件や事故に巻き込まれる恐れもあります。
実際謝礼交際を背景としたトラブルは続出しているのです。

また、性感染症(性病)をうつされる危険性も否定できません。
このように非常に危険を秘めた謝礼交際なのに、それをしている女性が後を立たないという事態はまったく異常としかいいようがありません。

ひと思いの快楽で人生を棒に振る気ですか?

以前は謝礼交際について毎日のようにマスメディアで取り上げられた時期がありましたし、社会問題にまで発展しました。
けれども、最近はニュースや雑誌などで謝礼交際が話題に上ることはあまりないようです。

しかしこれは謝礼交際がなくなったのではなく、特に物珍しい存在ではなくなってしまったというのが理由でしょう。

あえてマスコミが取り上げるほどの話題ではなく、残念ながら日常的なものとなってしまったのです。
今も相変わらず謝礼交際の主役は女子校生で、最近ではさらに低年齢化して謝礼交際をしているケースも珍しくないといいます。

謝礼交際をする女の子は、出会い系サイトを使って相手を探すことが大半です。
そしてその事実を知っている多くの男性も出会い系サイトを利用しています。

出会い系サイトは本来規制により18歳未満の利用は禁じられてはいるのですが、徹底している業者はほとんどなく年齢制限はあってないようなもの、野放し状態です。
若い女の子の身体を求める男性、それにお金で応える女性、お互いの需要と供給の意思がかみ合って謝礼交際は始まります。

謝礼交際などと耳馴染みの良い言葉を使ってはいますが、実際は「売春」です。
したがって、警察に見つかれば男女とも売春および買春の罪に問われることをお互い理解しているのでしょうか。
それだけではありません。

男性の場合、相手が未成年者なら「未成年者淫行罪」をも加えられることとなります。
罰を受けるだけでなく、社会的にもさまざま重大な支障が発生します。
男性に家庭があれば家族関係は崩壊、離婚という事態にならないとは限りませんし、職場も解雇されてしまうでしょう。

女の子も家族を悲しませ、学校にもいられなくなるに違いありません。
謝礼交際というお互いのひと時の間違いが、その後の人生を大きく変えてしまうのです。
男性も女性も、それだけの覚悟があって謝礼交際をしているのですか。

謝礼交際での被害について〜女性が悪い?男性が悪い?〜

謝礼交際はその行為をする女性だけが悪く思われがちですが、実際はどうなのでしょう。
もし女性が謝礼交際をしようと思っても、お金を出してくれる男性が一人としていなければ、その女性は謝礼交際をするでしょうか。

まずお金が介在しなければ謝礼交際は成立しませんし、それ以前にお金が得られないなら女性が見ず知らずの男性と好んでセックスをするとは思えません。

中にはセックス好きな女性もいるので100パーセント可能性なしとはいいませんが、ほとんどゼロといっていいはずです。
つまり、お金を出す男性がいる限り、謝礼交際はなくならないというわけなのです。
とはいえ、男性ばかりを責めるのも的外れです。

男性が求めても女性が応えなければ、謝礼交際は起こり得ないのですから。
要するに、お互いが求め求められることで謝礼交際は成り立ち、且つ男性と女性が存在する限りこういった行為はなくなることはないのでしょう。

しかし、謝礼交際をする人たちはそれに関わる恐ろしさをしっかり理解しているのだろうかという疑問を強く感じます。

謝礼交際をすることで起こりうるトラブルや問題をいくつか挙げてみましょう。

  • 事件や事故に巻き込まれる
  • 性感染症(性病)をうつされる
  • セックス行為の映像や写真を撮影され、それがネット上にアップされる

などなど…。
実際、謝礼交際に関わる事件や事故は多数発生しており、中には殺人事件に発展しているものもあるといいます。

また性病をうつされ、それがHIV感染症である可能性もないとはいえません。
命に関わる疾患でなくても、子供が産めない体になってしまう危険性も否定できないのです。

行為の写真や映像をネット上に流されたなら、あっという間に拡散して知り合いが目にしてしまう可能性も充分ありえます。
さらに謝礼交際は売春行為ですから、警察沙汰となって社会的なダメージを受けるのは当然です。
そして最大の問題点は、将来愛する男性が現れたとき、謝礼交際を行なっていたという事実はあなたの心の中に深い影を落とすことになるに違いありません。

謝礼交際に潜む怖さスマホ履歴が意外な盲点

謝礼交際などと耳ざわりのいい言葉を使っていますが、これは売春以外の何ものでもありません。
売春行為である謝礼交際は露見さえしなければ罪に問われることはありませんが、警察に知られたなら罰せられます。

それは、女性も男性も同じです。
女性が未成年者だった場合は、男性にはさらに「未成年者淫行罪」が加えられるのです。
罰則は禁固刑もしくは罰金刑です。
これらを受けるのも大変なことなのですが、問題はその後なのです。
家族を持っている人なら家庭崩壊、離婚という事態になってしまうことは想像に難くありません。
また、職場においては解雇される可能性が非常に大きいといえるでしょう。

この不景気な昨今、いわゆる「前科者」が新しい仕事に付くことは決して簡単なことではありません。
まさに、謝礼交際というひと時の快楽のために人生を棒に振ることにもなりかねないのです。
世の中には、謝礼交際を続ける男性は少なくないようです。

彼らは前述したような恐ろしい事態が起こりえる可能性があることを認識していないのでしょうか。
それとも、バレなきゃ構わない、これまでも露見したことがないから大丈夫、と思っているのでしょうか。

その考え方は間違っています。
というのも、何年も以前の謝礼交際が数年後に警察にバレるというケースも少なくないのです。
謝礼交際をする女性は10代が多くを占めます。
彼女たちは家出をしてその際の生活資金を稼ぐ手段として謝礼交際をすることがあります。
そのときにはバレなくても、後日家出をした際に警察に補導され、所持していた携帯電話やスマートフォンの履歴などから過去の謝礼交際の記録が露見することも考えられるのです。

すでに謝礼交際の経験者には手遅れかもしれませんが、過去のことなら時効となる可能性もあります。
これから謝礼交際をしようと考えている人ならなおさらです。
とにかく、謝礼交際に手を出すのはやめておくことをオススメします。

ページ上部へ戻る